今日から、発売開始します

本日、a yohakから1つ目の商品を発売します。和紅茶のパック5個入りセット、「問いって、いいな」setです。

 

「問いって、いいな」セット内容

・和紅茶(wild)パック5個(ティーバッグ10個)
(1パックにつきティーバッグ2つ入っています)
・a yohakのオリジナルポストカード
・a yohakのオリジナルコースター
・a yohak通信(定期的に発行する読み物です)

 

 

こちらの商品が気になる、和紅茶飲んでみたいと思われた方は、このページの一番したの商品ページからら購入してください。

ここからは、「問いって、いいな」setの内容、そして、楽しみ方についてお話ししていきます。

 

まず、和紅茶とは、日本で生産された茶葉を使って、紅茶に加工されたお茶のことを言います。実は、緑茶、紅茶、烏龍茶というお茶の違いは、発酵度合い(生産過程)の違いであり、原料や産地の違いではありません。

もちろん、それぞれに適した茶葉というものはありますので、茶葉の名前や産地がそのまま、紅茶や烏龍茶の名前になっていることが多いですが、厳密には、どの茶葉でも、緑茶・紅茶・烏龍茶を作ることができます。

私たちが扱う和紅茶も、もともとは緑茶用の茶葉だったものを、紅茶として加工したものです。なぜ、緑茶として販売しないのか、紅茶に加工するのか、といった話はまた別の機会にゆっくりお話しさせてください。

私たちが扱う和紅茶は、静岡の両河内のグリーンエイトさんという生産・加工・販売をされているお茶農家さんが作ったものです。

 

静岡の山と綺麗な川に囲まれた自然豊かな場所で、愛情たっぷりに育った茶葉を使った和紅茶が私たちの商品です。

そんな場所で育った和紅茶の特徴として、苦くない、香りも強すぎないというものがあります。

私たち日本人は、ヨーロッパのように紅茶を飲む文化をそれほど長く親しんできたわけではありません。そのため、紅茶独特の苦味や香りが、実は苦手という方も多くいらっしゃいます。

あの独特の苦味や香りは、生産方法と同じくらいもともとの茶葉の特性が大きく影響します。つまり、紅茶に適した茶葉と言われるものは、苦味や香りが強いものが多いです。それに対して、私たちの和紅茶は、そうした観点から「紅茶に不向き」と言われている日本茶の茶葉を加工しています。

それによって、あの紅茶独特の苦味や香りを抑えることができました。その結果、多くの日本人にとって日常的にも飲みやすいお味の紅茶になっています。

 

 

このようにお茶の味は、その原料となる茶葉の特徴が強く影響します。今回の「問いって、いいな」setのお茶は、和紅茶のwildというお味なのですが、こちらは、「かなやみどり無農薬」という茶葉を使用しています。

この「かなやみどり」という茶葉は、インパクトが強い個性的な茶葉です。そのため、この和紅茶(wild)もしっかりとした味わいを感じさせてくれる、まさにワイルドなお味です。

ミルクを入れてもお美味しいですが、嫌いじゃなければぜひストレートで飲んでください。

和紅茶といっても基本的には紅茶と同じなので、飲み方も一般的にイメージされる紅茶の飲み方と同じです。

ティーバッグをカップ、もしくはティーポットに入れて、そこに100度に沸騰したお湯を注いでください。抽出時間は、およそ2分から3分程度で大丈夫です。

ただ、そこまで難しく考えなくても大丈夫です。というのも、私たちの和紅茶の大きな特徴として、ティーバッグを入れっぱなしにしても苦くならないというものがあります。

おうちで紅茶をティーポットにたっぷり入れておいて、2杯目、3杯目を飲もうと思ったときに、驚くくらい苦くなっていたという経験は、誰しもあると思います。

この苦くなってしまうということが、私たちの和紅茶にはほとんどありません。およそ2時間くらいであれば、抽出されすぎることがありませんので、安心してのんびり和紅茶を楽しんでください。

 

私たちが、今回販売する和紅茶のsetは、「問いって、いいな」setというものです。これは、和紅茶を飲みながら、「問い」も一緒に味わっていただくためのsetです。

a yohakは和紅茶という商品を取り扱っていますが、その目的は、和紅茶を味ってもらうだけでなく、さらに、余白(a yohak)を楽しんでもらいたいからです。

そのa yohakを味わうために、私たちが用意したのが、「問いって、いいな」setです。「問いって、いいな」setには、和紅茶のパックが5つ入っていますが、そのうちの4つには、タイトルが書いてありません。

 

この空白の部分、つまり余白(a yohak)を使って、問いを楽しんでもらう、そういうsetになっています。

問いを楽しむ方法はとてもシンプルです。
①タイトルが余白になっているパックを手に取る
②その余白の部分に、問いを書き込む
③その問いを味わいながら、和紅茶を飲む

これだけです。そのときに、考えてみたい問い、気になっている問いを書いて楽しんでください。

 

もちろん、これは一人で楽しむこともできますし、家族と友人と楽しむこともできます。たとえば、こんなふうに。

家族とたまには深く話をしたいときに、家族のみんなで1つずつパックを手に取り、それぞれで問いを書き込む。それらの問いについて考える、家族だけのティータイムを楽しむ。

久しぶりに会う友人とゆっくりとお話ししたいときに、和紅茶のパックに一緒に考えたい問いを書き込んで持っていく。1つの問いと2つのティーバッグで、二人だけのティータイムを楽しむ。

一人でじっくりゆっくり考えたいときに、和紅茶のパックに考えてみたいといを書き込む。その問いについて、2つのティーバッグ分、時間をゆっくりととって、考える。そんなティータイムを楽しむ。

 

こんなふうに、a yohakの和紅茶を使って、問いが生まれ、そこから普段はできない会話・対話が生まれていきます。そんな時間と和紅茶を通して、「問いって、いいな」って思ってもらえたら、うれしいです。

 

あなたの手元に、この和紅茶が届き、そして、「問い」を楽しむ時間を作ってもらえることを楽しみにしています。 

 

古い投稿
新しい投稿

have a yohak with ...

close (esc)

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

ショッピングカート

カートには何も入っていません。
ホームに戻る