成長には問いが必要だから

a yohakの和紅茶が少しずつ旅立っていきます。1つ1つ思いを込めながら包装して、箱にシールして、そして、ポストに投函しています。無事にあなたに喜んでもらえますように、という願いと一緒に。

a yohakの和紅茶、「問いって、いいな」setは絶賛発売中です。これから肌寒くなっていくので、暖かい和紅茶はきっとあなたの心を柔らかくしてくれます。

「問いって、いいな」setの購入は、この記事の下のリンクから。

 

社会人になるまで、もしくは、自分で仕事を始めるまで見落としがちなこと。それは、あらゆるチームが成長するということです。どんな会社も、チームも、ブランドも、そして個人も、成長しています。見えるかどうかはさておき。みんな成長しています。

たとえば、こんなことありませんか?

スポーツの試合を見ているときに、ある選手が大きなミスをしてしまったら、多くの人がこう感じるはずです。次の試合では使わない方がいい、交代させた方がいい、この選手はこの場面には向いていない、と。

しかし、本当にそうでしょうか?

その選手は誰よりもそのミスを後悔し、反省し、そして、次の試合までに取り戻すための練習をするでしょう。至極、当たり前のことです。

それは私たちの日常生活においてもきっと同じことです。仕事でミスをしてしまったら、それをどう取り返すか、どうやり直すか、挽回するかを考えて、実行するはずです。そして、次こそは失敗しないようにやりたいと考えます。

誰だってそうです。失敗に対してできることは、それを繰り返さないための工夫や努力です。そして、私たちは成長することで、それができることも知っています。

それなのに、なぜか他人の成長にはなかなか気づきません、もしくは、知ろうとしません。スポーツの試合を見ていて、1つのミスがその選手の評価を決定するように。成長することを考えないことがよくあります。

 

そんな社会の中で、a yohakはとても不思議なブランドです。もっとあけすけに「変」と言ってもいいと思います。それは完成形ではなく、未完成の状態でスタートさせながら、その成長の様子を毎週こうしてレポートにしているからです。

他人の成長は気にも留めない社会で、成長と変化について語り続けるブランド。その理由は、とても明確です。世の中には変化が足りない、成長や可能性が足りないからです。

あなたが何かをやってみたいと思ったときに、見渡した周りには成長も変化も可能性もありません。あるのは、完成したものか、失敗だと打ち捨てられたもののどちらかです。

そんな社会を見てあなたはこう思うでしょう。成功する時だけ挑戦しよう、と。そして、失敗しそうなことには、見向きもしなくなります。なぜなら前例がなさすぎるから。

でも、そうやって可能性の高い挑戦しか生まれない社会はきっと息苦しくなります。どんどんと成長する余地が奪われていきます。そして、あなたは何かを考えることをやめてしまうかもしれません。

そんな状態はきっとつまらないから、a yohakは、あなたにこう語りかけます。「問いって、いいな」と。

何かを考えて、問いかけて、そして、悩んでみる。そこに変化が、成長が、可能性が生まれます。問いから生まれるその成長をa yohakは、あなたに伝えていきます。そして、この場所で体現していきます。

たとえば、今週から始まったインスタグラムもそうです。noteとshopifyだけで始めたブランドに、よりわかりやすく、親しみやすい顔を作ろうとインスタグラムを始めました。

すでにたくさんの人に見ていただいていますが、明日以降も毎日投稿していきますので、a yohakのインスタグラム、ぜひフォローしてください! 

和紅茶の楽しみ方がわかりやすくまとまっています。

 

もし、あなたが何かに挑戦してみたい、もっと問いを持って、考え続けたいと思ったのなら、ぜひa yohakの「問いって、いいな」setを味わってみてください。

 

Older Post
Newer Post

have a yohak with ...

Close (esc)

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Shopping Cart

Your cart is currently empty.
Shop now